SHOP INFO
東京都世田谷区奥沢7-3-2
TEL : 03-5856-7077
営業時間 : 10:00〜20:00
定休日 : 毎週火曜日

お車のお客様はコインパーキングをご利用下さい。
ドゥー・ディマンシュは予約制、
技術者指名制を取り入れております。
ご来店希望の方は、お電話にて予約をお願いします。
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
MOBILE
qrcode
<< 東京マラソン @2月25日 | main | サクラサク. >>
東京マラソンafter story.
西暦2018年2月25日…

史実によればこの日、時は9:30ぐらい…

かの有名な歴史的行事である東京マラソンが敢行された、と記されている。

この戦に世田谷区も奥沢、自由が丘より徒歩約5分の城を治める城主・緑川二郎氏はこのマラソンに打って出た、とある。

これがその時の装束である。





記念館から頂いたあくまで参考資料であるが…

信じがたいことだが、配下は誰も同行せず、単独で臨んだと…

よもや勝ち目があるかどうかではない。

行くことに、そして走ることに意味があると言わんばかりの行動だ。

現場の状況を知る者は少ないが、

現世に残された数少ない記録が正しければ彼は初マラソンながら素晴らしい記録を残したと記されている。


4時間14分36秒


これが彼の偉業であり、その後の彼の人生を左右する記録である。
(秒数は定かではない)

生きる伝説となった彼は、

わずか2日間の休みを挟み自らが治める城で先陣を切って戦った。

文字どおり切りに切りまくったのだ。

第一家臣の手記によれば翌日は立てることは立てるが歩く事もままならないと言うことだったが、

年齢を感じさせない驚異の回復力を発揮していたようだ。

城に来城した旅の者より次々に労いの言葉を頂く日々。

時には伝書鳩をわざわざ飛ばせて長電話…いやいや長文で労う者もいた程だと言う。

話は戻るがこのタイム。

マラソンや陸上経験者にはピンとこないであろう。

参考までに筆者である私が昨年4月にでた多摩川土手10kmマラソン…

そのタイムは54分。その後2〜3日は筋肉痛や膝痛に苛まれまともに日常生活が出来ないレベルであった。

彼のラップはこちら。

ラップとはB系の方達がリリックを綴るラップではなく、各距離に対する通過タイムを意味する。





最初の10kmは約1時間3分ほど。

先が長いことを考えるといいペースである。

通常の予想だとそこから5km毎のタイムは徐々に落ち、最後の10kmは気力に頼るところが大きいのだろう。

と、我々もこう予想していた…

していた、のだが!





こちらをご覧頂きたい。

史実によればこれが現実である。

下がるどころか上がっているではないか…

い、いったいこれは…

そして彼は何者なのだ…

本人曰く、

最後の2.195kmぐらいしか気力ではなかったらしい。

なんという豪傑!

なんという精神力!

サンデーモーニングで一時代を築いた、かの有名な大沢親分がご存命であればこう言うだろう。


「喝ーーーっ!!」


あ、いや違う違う。


「アッパレ!!」


と。

こうして、今となっちゃ夢まぼろしか…

あれは、現実だったんだよな…

と、最近は、甲子園を終え、帰ってきて日常に戻った高校球児達のような感覚の日々です。

そんな中、影響されるかのように熱い心に火を灯そうという者もまたあり。

東北の豪傑・佐藤の尊と所沢の鬼神・玉城の神である。

「俺らも来年の東京マラソンを目指すぞ…!」

と。
(あくまで気持ちだけです。高みを目指す心に火を灯しただけです。)

そして此度の戦をたった1人で戦った武人・緑川二郎氏も次なる目標へ…

何かは分かりませんが、今後少しずつ明らかになっていくことでしょう。

とにかくお疲れ様でした!

そして沿道に足を運び応援に行ってくださったお客様、

共にWeb上やお店で激励の言葉を下さった方々、

ってゆーかほぼ全てのお客さんとの会話で話していたから全員に「頑張って」と「お疲れ様」を頂きました。

これはとても凄いことです。

たかがマラソンなんて言っちゃいけません。

マラソンが、スポーツが、全員を同じ方向に向かせたんです。

大きな力がそこに生まれたんです。

記録の3分の1くらいは絶対にこの力のおかげです。

改めて応援して下さった皆様、ありがとうございます!

殿はスマホデビューして間もない故、家臣の私が代わって代弁いたす。

そして僕も私も走ってるよって方!

コッソリ教えて下さい。

dimanche登山部のようにマラソン部も出来るといいなぁ。



最後に、

先週月曜日にお花をプレゼントしてくれたお客様に彼が行った一言で締めくくりたいと思います。


何かを始めるのに遅いってことはないよ


これは…

よく聞くー!

これよく聞くあれですよ!

けど、名言。

マジで名言です。

簡単なようで簡単ではない。

分かってるようで自分のことになるとできてないこと。

そんな一言で幕といたします。

長文の拝読ご苦労であった!



p.s
当日、家臣達はatelierにて獅子奮迅の営業をしたことだけは補足しておきます。

みんなで頑張った1日になりました、ということで。

当日お店に来てくれた皆様もマラソンの空気に巻き込まれてくれてありがとうございます!



by sato.
| - | 19:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://salondd.jugem.jp/trackback/378
トラックバック