SHOP INFO
東京都世田谷区奥沢7-3-2
TEL : 03-5856-7077
営業時間 : 10:00〜20:00
定休日 : 毎週火曜日

お車のお客様はコインパーキングをご利用下さい。
ドゥー・ディマンシュは予約制、
技術者指名制を取り入れております。
ご来店希望の方は、お電話にて予約をお願いします。
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
MOBILE
qrcode
<< 大相撲 in 両国国技館 part 1. | main | sudo's ball 2019. >>
大相撲 in 両国国技館 part 2.
横殴りの雨風の中ちゃんこ屋の寺尾さんから国技館へ移動します。

天気が良かったら色々キョロキョロして歩いたのになー…

という気持ちは次回リベンジしよう。

なんとか雨風をしのいで両国国技館へ!





苦し紛れにノボリを撮影。

でもこの旗がはためく様はテンション上がりますね!





はい、ここで初めてツッコミを許可します。

5月21日て!いつの話や!

ズバリ、ふた月半前の話です。

ここは我々(僕?)お得意のやつなんで激しくツッコんどいて下さい。

ゴホン!

この券を渡して入るのですが、代わりに今日の取組みが書かれた紙を頂きます。

正直、分かる力士さんが数人しかいないけど…泣

ワクワクしますね。

ちなみに寺尾さんにはこんなのが貼ってありました。





「絵番付」というものらしいです。

なんか可愛いし、絵だととても分かりやすい!


入ってしばらく行くと…





日本相撲協会の公式認定キャラクター・ハッキヨイ!せきトリくんがいました。

当然、やるよねー。撮るよねー。





ファミリーだと絵になる。


恥ずかしながら僕はここに来るまでせきトリくんの存在を知らなかった…

正直、可愛いじゃないか!

これはグッズ持ってても悪くない。

ここから相撲好きに片足入れるのもアリかもしれない。

そんな事しながら席のある入り口を探して、いざ突入!





どーん!!

これだぁ〜!





おぉぉ…





おぉ〜!

キましたね!

上がりますねー!





はしゃぐ大人達。

今回は女将に升席を3つ、計12人座れる席を取って頂きました。

初めての升席に震えますね。





当然、ここでも頂きますよ。

ビールは缶の他に生ビールも売ってます。

つまみは当然、両国国技館名物の焼き鳥です!

モモとつくねが計5本入ってました。

これがまた絶品…!





やっぱり迫力が違う…





15:00くらい、タマちゃん達も合流〜

タマちゃんと佐川さんは国技館の隣にある博物館に寄ってきたらしいです。





年長組も合流〜

緑川さん、ギャラリーddの徳吉さん、自転車業界の重鎮の吉村さん。

ここでミチコさんアコさん、ガマンさん達は泣く泣く帰宅です。

子どもが小さいと…仕方ない。

皆さんの分まで最後までしっかり観るからね!





いやはや…しかし凄いな。





この時は朝乃山関が優勝するなんて思ってもみませんでしたね。

女将の押しメンが朝乃山関のいる部屋でしたので、マネして声は出させて頂きました。
(もちろん少し恥ずかしがりながら)





あ、ちなみなコレが焼き鳥です。





さ、佳境だぞ…





どすこーい!

素人感覚ですが、横綱の鶴竜さんはやっぱり入りの雰囲気から違いました。

何をもって「格」と言うかは分かりませんが、格が違う感じ…

鶴竜だけに…?なんつって。

改めて横綱になる人っていうのはスゴイんだと感じました。

この日まではまだ1敗で優勝争いしてましたがこの後負けが続いちゃったんですよね。

勝負はほんとに分からないモノです。

下克上って言葉は正しくないかもしれませんが、階級が下でも頂点立つこともできるスポーツなんだと実感しました。




観終えた人達。





僕は終わってすぐおいとましましたが、正直一杯ひっかけて語り合いたかったですね。





最後のメンバー。
(徳吉さんはおトイレ)

女将以外全員が初めての大相撲観戦、めちゃめちゃ楽しめました。

それもこれも一から十まで面倒みてくれた女将、女鹿ちゃんのお陰です。
(去年のdd20周年パーティーに来てくれてたから見覚えある方もいるのでは?)

ありがとう女鹿ちゃん!

面倒なメンバーかもしれないけど、また是非よろしくお願いします。

相撲のこと国技館のこと少し分かったし、楽しむスタートラインに立てました。

やっぱり行ってみないと分からない!が正直な気持ちです。

想ってるだけなら思い切っていってみましょう。





ありがとう両国国技館、ありがとう大相撲。

また会う日まで!

みんなお疲れ様!



end.



writing by 佐藤アラタ
| doux dimanche | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://salondd.jugem.jp/trackback/663
トラックバック