SHOP INFO
東京都世田谷区奥沢7-3-2
TEL : 03-5856-7077
営業時間 : 10:00〜20:00
定休日 : 毎週火曜日

お車のお客様はコインパーキングをご利用下さい。
ドゥー・ディマンシュは予約制、
技術者指名制を取り入れております。
ご来店希望の方は、お電話にて予約をお願いします。
ARCHIVES
CATEGORIES
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
MOBILE
qrcode
<< 新年会&誕生日会 | main | 朝礼。 >>
ビビリ毛の修正。
 こんにちは、ふちがみです。

僕らのお仕事は、髪の毛を綺麗にする事です。はい。
でも、薬品を扱う関係上、ダメージも避けれないのも事実。。
だからこそ、日々のお仕事でいかにして
髪に対しての減点を少なくするかが、僕らの仕事だと考えています。

で、ウイッグを利用して様々な練習や
実験を日頃おこなってます。
そして、その後人間(スタッフ)で試して(笑)
いけそうなら、その後からお客様に施術できるのです。

ダメージした髪の毛は残念ながら治す事は出来ません。
だけど、ごまかすというかマシにする方法はいくつかあります。
まず見てほしいのが、この髪の毛
あ、このあと、とても専門的な用語が出てきますので
分からなくても何となく読んでいって下さい。


縮毛矯正後とかに、よく見られる髪の毛です。
いわゆるビビリ毛です。こんな人が来たら逃げたくなります(笑)
なんて、しっかりと逃げずに頑張ります。

あ、これはわざと作りました。
これをいくぶんマシに見える状態にしていきたいと思います。


まず、髪の毛の皮膜やなんやらがあると
薬の浸透を妨げるので特殊なシャンプーで
髪の毛の皮膜を取り除きます。
シャンプー剤を塗布して揉み込んで5分放置です。


で、使う薬剤はこれら。
まずチオグリセリンPH7濃度6%を濃度1.2%にして、
PH9.0のアルカリ水を投入して
カチセロという粉末でジェル状にして塗布していきます。


塗布して20分放置です。
軟化はそんなにさせないで還元だけ進めていくイメージです。
このくらいのダメージ毛なので
PHを低くして濃度も薄くしていくので多少時間がかかります。

そして、お湯でやさしくやさしく流して
シャンプーしてしっかり流してトリートメントを薄くつけて
丁寧に優しく乾かして140度でゆっくりとアイロンします。
この時に少しでも引っ張ったりするとアウトです。
非常にデリケートな仕事です。

そして過酸化水素タイプの2剤を塗布して流して
シャンプー&トリートメントして、


このくらいまでマシな状態になりました。


これが、


このくらいです。
手触りは悪くないけど、もう少し柔らかい質感にしたいなあ。
まだまだ練習&実験が必要です。

まあ、本来はこういう仕事が大事なんじゃくて
こういう状態にしないのが僕らの仕事だと思います。

ありがとうございます。



doux dimanche
ふちがみ


| ヘアスタイル | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://salondd.jugem.jp/trackback/80
トラックバック